あなたの理想は何ですか?

自分ができることと報酬のバランス

理想の仕事には様々な定義がありますし、人によって異なるものです。
ある人にとっては給料の高さを求めたり、あるいは満足できる仕事ができればそれで良いとする人もいます。

ひとつ確かなことは、仕事とは対価に応じて報酬が支払われるということです。
つまり、労働に対する収入というものはバランスが決まっているということです。
高い報酬を望むのであれば、それなりのスキルを備える必要があります。
それができないのであれば、少ない収入で甘んじるしかないわけです。

このように考えると、理想の仕事とは「自分ができることと得られる報酬とのバランスに満足できる仕事」とも言い換えることができます。
つまり、理想は自分が目指すものの姿であり、身につけたい能力やスキルそのものであると換言することができるのです。
そして「その目標に向かうためのロードマップが明確になっている」ということも表します。
どのようなキャリアプランを立てれば理想とする仕事に辿り着けるのかが明白であるということです。
そのためには、自分の持つスキルを把握することと、それをどのように活用すれば目指すべきスキルを身につけることができるのかを考える必要があります。
それが理想の仕事に辿り着く唯一の方法であると言えるでしょう。

また、ゴールが明確に定まっていないとしても、そのボトムアップの最中に明確になるケースもあります。
つまり保有するスキルを生かす仕事に就くことで、さらなるスキル形成につながることで目標が見えてくるということになるのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です