あなたの理想は何ですか?

自分が貢献できることを知ろう

理想の仕事を探していても、なかなか見つからないと思う人は多くいます。
そこで問題となるのは、何を目指しているのかに課題があるということです。

人は年齢を重ねるごとに仕事で求められるものが変化します。
これは積み上げた経験を生かすことを求められるということです。
いつまで経っても新社会人と同じ仕事をしているわけにはいきません。

最終的に自分が何を目指すのかを定めることが、理想の仕事を求める上で大切になります。
つまり、理想の仕事とは「自分が将来なりたい姿に近づける仕事」ともいえます。
さらに大切なことは、そこで自分には何ができるのかを考えるということです。
それまでの経過を生かしてどんな能力を活用できるのか、その結果会社にどんな成果をもたらすことができるかを考えるのです。
そのような視点から見ることで、自分にとっての理想の仕事というものが見えてくるでしょう。

私利私欲だけで考えるのではなく、どんな貢献ができるのかを考えることも重要です。
これは考えてみればわかることですが、仕事というものは行なったことに対しての報酬として収入を得るわけです。
つまりこれだけの収入が欲しいと望むのであれば、それに見合う労力を提供する必要があります。
そのバランスが上手く取れていることが、最も理想的な形といえるでしょう。
そのためにも、まずは自分がどのようなことに貢献できるのかを考えることが大切です。
貢献できることの幅が広がると、自分の満足する報酬へと近づくことができるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です